メインイメージ

猫まんまからキャットフードへ

昔は、猫のご飯といえば猫まんまといわれていたくらい、ご飯に味噌汁をかけただけのもので粗末なものだったけど、今では栄養も考えられたキャットフードがたくさん出ています。

そもそも猫の食べ物に栄養なんてものがあるのでしょうか? 猫の体にも人間と同じ栄養素が必要なのですが、猫の体は小さく、栄養の必要な量が、人のとる量とぜんぜん違います
それに人が食べるものの中には、香辛料など、化学調味料がたくさん使われています

猫に人が食べるのと同じようなものを与えるのは好ましくありません

ひどい場合だと中毒症状を起こしてしまうこともあります
また、猫は汗をかきません

だから、塩分を排出することができないから、塩で味付けされている食べ物を食べ続けていると腎臓や心臓に負担がかかり病気になってしまいます


猫は真性肉食動物で、小動物を丸ごと食べることで生きてきました

いい例が、ねずみと猫です
猫は、ねずみを生きたまま食べます
内臓や骨も全部です
そうすることで、栄養のバランスが取れ、猫の心は満たされ、健康そのものでした
ということは、猫の体にとっての栄養素は、植物からは得られないということになります
人の中には「ベジタリアン」と呼ばれる菜食主義者がいますが、ベジタリアンの人が猫を飼う場合は注意する必要があります
野菜ばかり与えるのではなく、必ず肉や魚を餌としてあげないといけません
ねずみをとって食べ、栄養を満たしていた猫には、ご飯にお味噌汁をかけて混ぜたものだけを食べていると非常に栄養不足なのです
猫の食事の基本は、動物の肉です
猫の栄養代謝システムが人とはぜんぜん違うことを理解して、猫をペットとして飼う必要があります

  
猫は人間よりも、ずっと高いタンパク質量を取る必要があります
猫が食べる生きた動物の肉に多く含まれています
でも、人が食べる肉は、基本的には、動物が死んだ状態で、生きている動物に含まれてる栄養素を取ることができないわけです
生きた動物に含まれている栄養素をグルコースといいます
含まれている栄養素は微量ですが、自然のものから取るこういった微量栄養素は猫の体にとって欠かせないものです
手作りのキャットフードを与える飼い主さんもいますが、動物病院では、ドライフードをすすめる獣医さんが多いです


キャットフードには、猫にとって必要な栄養素がバランスよく含まれています
キャットフードが一般的になったのは20世紀の半ばごろです
今ではたくさんのものがありますが、中には好ましくない成分が含まれているものもあります
よく見極めて買う必要があります
このキャットフードは猫にとって、栄養バランスが取れていて、飼い主にとっても手軽に使えて、とても便利です

トップに戻る