メインイメージ

キャットフードはドライタイプ?モイストタイプ?

ペットが毎日食べるキャットフード、お店に行くと色々な種類があるので、どれを買おうか迷ってしまいますよね。
今回は、タイプ別のキャットフードのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

キャットフードには、乾燥をしているドライタイプのものと、水分の多いモイストタイプのものがあります。
そのときの気分でキャットフードを購入しているという方は、それぞれのメリット・デメリットを勉強した上で購入すると良いですよ。

まず、ドライタイプのキャットフードですが、年齢に合わせて選ぶことができるように、栄養のバランスが異なったものが販売されています。
多くの種類の中から選ぶことができ、最近太り気味なので肥満予防のものを選ぼうとか、発育が悪いので栄養価の高いものを選ぼうなどと、考えながら選べる点がメリットです。
デメリットは、乾燥タイプなので、水をしっかりと与えてあげることです。
また、乾燥してしまうと、猫があまり食べなくなってしまうかもしれないため、保管方法に注意しておきましょう。

次に、モイストタイプのキャットフードですが、ドライタイプのものよりも水分が多く含まれている点がメリットです。
子猫でも食べやすく、食欲が低下している猫も食いつきが良いです。
ただ、ドライタイプと比較して、腐敗しやすいため、開封後は早めに食べさせるようにしましょう。
モイストタイプは、ドライタイプと比べて高価なので、ドライタイプと併用しながら上手に活用しましょう。

トップに戻る