メインイメージ

キャットフードで愛猫の腎臓ケア

猫はもともと砂漠に生活していた種で、水分はほとんど摂らず食事も肉食でした。
水分をあまり摂らず高タンパクな肉食生活という観点から、歳をとると腎不全になる猫が多いと言われます。

腎不全になると、初期で食欲のある猫でない限り、食欲が減退する傾向にあります。
そうなると趣向性の高いキャットフードを与えるなどの対策が必要になります。
また、人間の残りご飯や鰹節など、猫が喜ぶからと言って人間の食べ物を与えることがありますが、猫の健康を考えるならば、きちんと猫用のキャットフードを選んで与え、塩分が高く腎不全を誘発するような人間の食べ物は与えるべきではありません。

そもそも通常の市販のキャットフードは、猫の食いつきやフードの保存が長期に渡ってできることを考慮して作られています。

しかし腎不全などの腎臓疾患を予防するためには、プレミアムフードと呼ばれる健康に考慮したフードを与えなければいけません。

猫にとって必要な栄養やあまり摂るべきでない成分など、猫の体調管理に必要なものを研究し、猫の年齢や生活スタイルに合わせて開発されたプレミアムフードは、インドア猫用や長毛種などの細かい分類にも対応しているため、愛猫の状態に合わせて選ぶことができます。

食いつきが良いからといって、それが猫にとって良い食べ物であるとは限らず、必要な栄養素が含まれているとも限らないのです。

トップに戻る