メインイメージ

アレルギーを起こしにくいキャットフードとは?

猫も人間と同じようにアレルギーを起こすことがあります。
そんな猫のためにキャットフード選びから気を付けてあげられることがあります。
食事の後に顔や首に皮膚炎が出る、痒がる、下痢、フケや目やになどがある場合は食事過敏症(食物不耐性)の可能性があります。

動物病院で診察を受けましょう。
アレルゲンが特定できたら、その食材を使用していないキャットフードを選びます。
アレルゲンは様々で、牛肉、豚肉、卵、乳製品、小麦、とうもろこしなどの食材であったり、化学添加物、ハーブなどがあります。
アレルギー対応キャットフードのコーナーやサイトを探すといろいろ見つかります。
添加物にもアレルゲンが含まれていないことに注意し、信用できるところで選ぶと良いですね。

アレルゲンが特定できない場合はアレルゲンフリーと呼ばれる、主なアレルゲンを除去したフードを選んでみるという方法もあります。

また、原因が食事ではない場合もあります。
食事以外の原因として挙げられるのは、ノミとり首輪の素材や薬品、ノミアレルギーなどがあります。
この場合も動物病院で診察してもらったり、首輪を変えてあげるなどの対応が必要です。

アレルゲンはしばらくすると変わる場合があります。
その場合はまた違うフードに変える必要があります。
前はダメだったものがいつの間にか大丈夫になっていた、と言う場合もありますので焦らずしっかりと選んであげてくださいね。

トップに戻る