メインイメージ

キャットフードは冷凍保存がおすすめ!

猫を飼っている飼い主さんのなかではキャットフードの保管方法が悩みの種だという方も多いのではないでしょうか? 値段のことを考えると大袋で購入したくなりますね。

キャットフードは保管方法によって品質はもちろんのことですが、味にも大いに影響します。
風味によってキャットフードの好みが左右されることも多い猫の場合は、フードをどう保管するかが体調管理にも結びつくことになりますね。

また、酸化したキャットフードを愛猫に与えることによって老化を促進させてしまうともいわれています。
内臓への悪影響も考えられます。

このような品質低下の要因となる酸化を防ぐためにはキャットフードを冷凍保存することがおすすめです。
キャットフードを開封したら、まず一回分または、一日分ずつ小分けしておきましょう。

それを冷凍保存します。
冷凍していても酸化がとめられるわけではないので、酸化防止剤を入れておくのもよいでしょう。
こうして冷凍しておけば、三か月くらいは大丈夫だそうです。
さて、このキャットフードを解凍するときには、注意が必要です。

もちろん電子レンジでチンしても解凍されますが風味が落ちてしまいます。
常温で解凍するとカビがはえてしまうこともあります。
おすすめの解凍方法は、前日のうちに冷蔵室にうつしておくことです。
一日かけて冷蔵室で解凍することで品質も味もあまり損なわれすに解凍されるようです。
ぜひ試してみてください。

トップに戻る