メインイメージ

キャットフードの並行輸入についてとその安全性

猫の健康を維持する為に安全なキャットフードを手に入れたい人は多いものです。
そして、評判のよい海外ブランドのキャットフードの輸入方法として、並行輸入という言葉を耳にすることも多くなりました。

そこで今回は並行輸入を理解してから、その輸入方法で販売されるキャットフードの安全性を検証します。

まず、並行輸入とは具体的にどういったものかというと、正規輸入と異なり、日本国内の店舗を通さずに輸入業者が海外ブランドの直営店から直接手に入れ、主に個人経営の店で売買する方法です。
この並行輸入という方法に違法性はなく、独自に値段を決められることから、日本で売られている定価より安く売ることが出来ます。
この並行輸入という方法は、バブル時代には最も多く使われていた輸入法でした。

次に並行輸入で入手し、販売しているキャットフードの安全性ですが、一概に安全とは言い切れません。

何故なら、並行輸入品は海外から仕入れた物を輸入に適した包装を行わずに輸入しているので、正規輸入品と比べて劣化しやすく、酸化しやすいという欠点があります。
最後になりますが、海外ブランドのキャットフードを買う時は、猫の健康を維持するためにも並行輸入品と比べ少し値段は高いですが、安全性の為に正規輸入品を買うとよいでしょう。

それでも輸入の為に含まれている酸化防止剤が心配という方は、無添加のキャットフードを購入してみることを検討してはいかがでしょうか。

トップに戻る