メインイメージ

保存料入りのキャットフードを避けるべき理由

かわいい愛猫に与えるキャットフードは安全性にも気を配りたいものですが、どのような点に気をつけて選ぶべきなのでしょうか。

原材料にどんなものが使われているかを確認するのはもちろんですが、風味をよくしたり日持ちさせるために加えられる「添加物」もしっかりチェックしたいものですね。

一般的にキャットフードに加えられている添加物としては香料や塩、保存料、着色料、酸化防止剤などです。
しっかりとした品質の原材料を使っていれば香料や塩、着色料は本来必要のないものです。
品質保持のために使われる保存料と酸化防止剤はフードの劣化を防ぎ、酸化と食味の劣化を食い止める目的で使われますが、これもできれば避けたいものです。

様々な添加物が使用されているキャットフードは安価で日持ちもしますので、利便性のとても高いものです。
できるだけ家計にやさしいフードを、と思うとこのような安価なフードを選んでしまいがちですが、そのような食事を与えられる愛猫の健康を考えて、できるだけ避けてあげる方がよいですね。

人間の健康を脅かす可能性のある添加物は、身体の小さい猫には数倍、数十倍もの悪影響を及ぼしかねません。
近年はペットの健康志向が高まりを見せていることもあり厳選されたヒューマングレードの原材料を使ったフード、添加物ゼロのフードも一般に販売されるようになってきています。
少々割高ですが、愛猫の健康には変えられないと考える飼い主さんも増えています。

トップに戻る