メインイメージ

愛猫の炭水化物の取り過ぎに注意が必要です

愛猫の炭水化物の取り過ぎには注意しなければなりません。
人間にとって炭水化物は必要な栄養源でもありますが、実は猫にとっては炭水化物は重要度が低いのです。
その理由は猫は栄養源をタンパク質と脂肪から取るからです。
ほんの少しの炭水化物があれば生きていくことができるため、炭水化物のあげすぎはよくありません。

そこでキャットフードを選ぶ際には、低炭水化物のキャットフードを与えましょう。
ただ問題なのが、市販のキャットフードを購入する際に、成分表に炭水化物の割合がまったく記載されていないことなのです。
そのため、消費者はどの程度の炭水化物が入っているのかを全く把握することができないのです。

そこであらかじめ低炭水化物であると表示されたキャットフードを購入するようにしましょう。

炭水化物を取り過ぎると、肥満の恐れや泌尿器系のトラブルが出る恐れや、食物アレルギーが起こる可能性があります。
あらかじめ穀物不使用と書かれている炭水化物を選べば、より安全なキャットフードを選ぶことができるのでおすすめです。

穀物が大量に含まれているキャットフードの場合、猫にとっては消化するのに時間がかかり過ぎるため、内臓機能に負担がかかってしまう恐れもあります。
そのため愛猫の健康状態にも悪影響が出てきてしまうのです。

大量生産を行っているキャットフードメーカーよりも、猫の健康状態について研究を行っているキャットフードメーカーであれば、安心して購入することができます。

トップに戻る