メインイメージ

キャットフードとアレルギー

猫のアレルギーは様々ありますが、食事が原因で起きるものが多く考えられます。
よく顔や首の毛が抜けてしまって、皮膚がただれている猫を見かけたりしますが、その他にも毛が抜けて潰瘍ができてしまうものなどもあります。

動物病院に行くと、血液検査でアレルギーの原因を調べてくれるところもありますが、猫の場合アレルギーの原因物質をみつけるのはかなり難しいとされていて、食事を変えるなどしながらアレルギーに対応することが必要となってきます低アレルギー用のキャットフードに切り替えて、皮膚のかゆみに対しては、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などで治療をするのがいいでしょう。

アレルギーは食べ物の他にも、首輪が原因となって皮膚炎が起こってしまう接触性の皮膚炎などもあるので、よく観察して見極めてあげないといけないと思います。

食べ物の場合は、やはりタンパク質に過剰反応を起こすことが多いとされています。
肉、魚だけでなく大豆や小麦なども疑われます。

多くのキャットフードの主原料は小麦などの穀類を使っているそうですが、もともと猫は肉食動物なので、あまり穀類は必要ないし、食べるとかえって体に良くないとする研究もあるそうですそのため穀類を食べることにより、アレルギーも起きやすいとされています。

最近は海外などでノーグレインといって穀類不使用のキャットフードも多く作られているのでためしてみるのもいいと思います。

トップに戻る