メインイメージ

野菜入りキャットフードのメリット

猫を室内飼いされている方も多いことでしょう。
室内外の猫の場合は、野菜の栄養分や食物繊維が足りなくなってしまう傾向があります。
本来、野性の猫や外で飼われている猫は肉食であるため、自分で昆虫やネズミなどを捕獲して食べるため、捕獲された獲物が植物などを食べているため、ミネラルやビタミン類は十分に足りているのです。

しかし室内飼いの猫は、自分で餌を捕獲するわけではないため、ミネラルやビタミン類、食物繊維などが不足しがちです。

そこで猫の栄養バランスのためには、野菜入りのキャットフードを与えてあげるとよいでしょう。

猫も人間と同様に、腸を活発化させるためにはある程度の食物繊維が必要です。
野菜入りのキャットフードであれば、適度な食物繊維の量を無理なく摂取することができるため、愛猫の健康管理を行うことができます。

野菜が入っていると、便通がよくなり、腸の調子もよくなります。

野菜は健康によいのかと勘違いをし、野菜だけを猫に与え過ぎてもいけません。

野菜を食べ過ぎると、猫の腸内では異常に発酵してしまい、腹部が膨張してしまったり消化不良が起こるなどのトラブルも起こってしまうので注意が必要です。
猫は、腸が短いので、生野菜を食べてしまうと、消化不良になり下痢になってしまう場合もあるからです。
猫の便があまり出ない時には、週に何度か野菜入りのキャットフードに切り替えてもよいでしょう。

トップに戻る