メインイメージ

ダイエットにオススメのキャットフードと与え方

もっちりと太ったデブ猫ちゃんは愛嬌があってとてもかわいいです。
甘やかしてついごはんをあげ過ぎたり、人間の食べ物を与えてしまう飼い主さんも多いでしょう。

しかし、肥満を放置しておくと心臓病や糖尿病のリスクが高まる・関節に負担がかかるといった悪い影響が出てきます。
特に、完全室内飼いの猫の場合は運動不足から肥満になりやすいので注意が必要です。
運動だけで猫をダイエットさせるのは難しいので、食事制限をする必要があります。
ダイエットに最適なキャットフードの選び方と与え方について解説していきます。

ダイエット中のキャットフードは低脂肪・低カロリーかつ猫の年齢に合ったものを選ぶことが重要です。

各ペットフード会社から様々な銘柄が販売されているので、愛猫の好みを考慮しながら選ぶとよいでしょう。
ダイエットフードは少し割高ですが、獣医師の監修によって作られているものが多いので、安全かつ効果的にダイエットを行うことができます。
いきなりダイエットフードを与えると、猫はストレスを感じてしまいます。
最初はいつものフードに少しだけダイエットフードを混ぜ、徐々に切り替えるようにしましょう。
ダイエット中の食事は1回の量を減らし数回に分けて与えます。
こうすることでエネルギーが消費しやすくなり、ダイエット効果が上がるのです。

急激なダイエットをすると体調を崩すのは人間も猫も同じなので、無理のない範囲で続けてくださいね。

トップに戻る