メインイメージ

肥満猫におすすめ低カロリーのキャットフード

犬のように外で散歩をすることもなく、室内でゆっくり暮らしている猫の中には太ってしまう個体がいます。
もちろん食べ過ぎればどんな猫でも太ってしまいますが、生まれつき太りやすい体質や、持病を持っており、その薬の副作用などで太ってしまう猫もいます。
また、去勢しているか、していないかも重要です。
去勢するとしていない猫に比べ、2倍以も肥満になる確率が上がるといいます。

単なる食べ過ぎで太っているのではないという場合、食事の量を減らすだけのダイエットをさせるのはかわいそうです。

ガツガツ食べ過ぎないようにすること、決まった時間に決まった量だけ与えること、できるだけ運動させてあげることをした上で、さらにダイエットが必要な肥満猫には低カロリーのキャットフードがあります。

パッケージに低カロリー、ダイエット用などと書いてあるものを選べば良いのですが、普通のフードとの違いは、脂肪分を控えてあることです。

ここで少し気をつけたいのは、脂肪分を控えめにするかわりに炭水化物をより多く配合し、満腹感を上げるようにしてあるキャットフードがあることです。

たまにならかまいませんが、穀物が多いキャットフードを継続的に食べさせていると、猫が下痢や便秘などの体調不良を起こしたり、逆に太ってお腹が出てきたりします。

猫は肉食なので、基本的にはダイエット中でも肉メインの食事がベストです。
赤肉を使った脂肪分控えめのフードの方が、ダイエットを長く続けることができます。

トップに戻る