メインイメージ

キャットフードの種類

ペットたちにとっても食事時間は楽しみの一つです。
だからこそ猫や犬の食事は大切にしてあげたいものですね。
今回はキャットフードの種類について解説していきます。

ペットショップなどに行くと多く種類のペットフードが販売されています。
種類が多岐にわたり何が良いのか、わからなってしまわれる方も少なくありません。
キャットフードに含まれている水分量でいくつかの種類に分類されています。
水分量10%以下の「ドライ(乾燥)タイプ」、水分量25~30%の「セミモイストタイプ」、水分量75%以上の「ウェットタイプ」です。

ドライタイプは水分量が低い分保存性にも優れていることが特徴です。
水分量の規定は設けられていないためメーカーにより異なりますので注意してください。
水分量12%以下のキャットフードだとカビなどの繁殖も抑えられます。
次にセミモイストタイプですが、状態は属にいう「半生」です。

しっとりした状態を保つため、湿潤調整剤という添加物を使用し水分保持しています。
また、加熱発砲処理しているキャットフードは「ソフトドライ」として区別されています。
続いて、ウェットタイプ肉食感がしっかり残っているため噛みごたえがあり猫自身も満足度が得られます。
ただ、歯石や口臭の原因になりやすい側面があるため注意してあげる必要があります。

また食べ残した場合はラップや保存容器に入れ冷凍保存が必要となります。

トップに戻る