メインイメージ

大きくなったネコには、どんなものをあげたらいいの?

ネコにとっていい食事習慣を身につけさせるのは飼い主の責任です
ネコを病気がちにするのも健康にするのも飼い主しだいということになります
一番気をつけないといけないのは数匹、ネコを飼っている場合です
数匹とも健康なネコで、年齢も同じであればそこまで食事に気を使う必要はありません
しかし、数匹ともみんな同じというわけにもいきません
一匹一匹ネコによって、食事の量が違います
成長の段階も違うネコがいれば、病気がちのネコがいることもあります
病気がちのネコだと特別療養食を与えないといけません
ほかの健康なネコと同じ食事を与えていると、病気時に必要な栄養を取ることができません
また、中には欲張りなネコがいてほかのネコの食事の分も食べてしまい、肥満になってしまう場合もあります


何匹か猫を飼っている場合は、食事の時間をずらすようにするか、ケージで囲ったりして工夫して、そのネコにあった食事を与えることが大事です
数匹ともいっしょに与えてしまうと、特別療養食を食べないといけない猫が普通食を食べてしまうと、病気のための栄養が取れなくなります
ほかのネコが特別療養食を食べてしまうようなことも避けなければなりません


ネコが肥満にならないようにするにはどうすればいいのでしょうか? 食事の量にも気をつけることが大事ですが、間食を与えすぎないということが考えられます
おやつには煮干を少量とチーズを一切れ、与えるだけでも栄養価は十分に取ることができます
与えすぎると肥満になってしまうので注意することが大事です
ドライフードの置きっぱなしもよくないです


飼いネコを長生きさせるには、適切な食事の量が大事です
ネコの食事の管理は、飼い主の責任です
人間も猫も健康を維持していくには、偏食は避けて食べ過ぎに注意しなければなりません
ネコは特に偏食する傾向が強くて、わがままで、好きなものばかりを食べるという食生活になりがちです
途中で、病気になったからといって、食事内容を変えても、与えた食事は受け付けないという、困ったことになることがあります
だから、飼い主の食事の管理の仕方によってネコの一生が決まるといっても言い過ぎではありません


高齢になったネコにはどんなものを与えればいいのでしょうか? 高齢になって、食事内容を変えても、あまり健康に左右するということはありません
成長中のネコなら食事内容を変えても肥満や病気がよくなることがあります
高齢ネコに与えるのにいいのは、好物なものを与えるというのがいいです
ひとつだけでも、ネコの大好物な物を毎日でなく、たまに与えるというのがいいです
少しでも栄養価の高いものは特にいいです


トップに戻る