メインイメージ

ネコとワンコ、あなたはどっち?

ネコと犬はまるで習性が違います
犬は人に良くなつきますが、ネコは勝手気ままな性格で、人で言うと自己中心的な、わが道を行くというタイプです
それは、生まれながらのネコの習性によるものです
ネコは、もともと野山に住んでいて、ねずみや野うさぎなど、小動物を丸ごと食べて生活していました
人と生活するようになったのは江戸時代に入ってからです
犬はそれ以前よりもずっと前に人と生活していました
ネコは鋭い歯をしていて、捕まえた獲物をすりつぶして食べることはしません
食べたのものを噛み砕いて、そのまま丸ごと飲み込みます
ネコは家について、犬は人につくと、よくいわれます
これも、犬・ネコの習性によるもので、ネコは住んでいる家を自分の縄張りと考えています


ネコは、どこから連れてくるのでしょうか?よく聞くところだと、公園かどこかで子猫を拾ってきたというものです
でも一般的にはペットショップで購入するというのが多いです
ショップだとどの子ネコにしようかと、その場で選ぶことができます
どんなタイプの子ネコが欲しいのかも頼んでおくこともできます
子ネコの特徴や飼い方を指導してくれる、良心的なぺットショップもあります
何か聞きたいことがあれば、質問にも気軽に答えてくれます
ネコを買った後のアフターケアのことを考えるといい入手方法です
でも、ペットショップの中には儲け主義だけのお店もあります
ただ動物を売りつけるだけで、動物について質問しても質問に答えられないようなスタッフがいるペットショップもあります


ペットショップの中が汚くて、清潔にしていないお店で、ネコを買うのはやめておいたほうがいいです
何よりも動物の健康を気遣っているショップでネコを買いましょう
そして、ネコについて、よく知っているお店で買うのが一番です
何よりもいいお店かどうかの判断材料は、そのお店に入った瞬間にわかります
それは、お店の匂いです
お店の中に入ってしまって時間が経つと、正しい匂いの判断ができなくなります
というのは人間の臭覚というものは、時間がたつと匂いになれてしまうので、お店に入った瞬間に判断することが大事です
そして、気に入ったネコがあれば、ネコをよく観察します
ネコの目の輝き、目やにがあるかないかなど、皮膚のただれ、健康で元気がよさそうかなど
子ネコを嗅いでみましょう
臭い嫌な匂いがしたなら止めておきましょう
ネコもそうですが、最初に動物を買うときが大事です
特に、病気がちのネコを買ってしまったら、後の世話が大変です
そういう意味では、ネコの種類や希望があるのなら、ブリーダーから買うことがいいです
純血種で血統書つきのネコを買うことができます
こちらのhttp://xn--qckubrc3d4m.asia/02.htmlにはキャットフードとドッグフードとのちがいについて詳しくかいてありますので是非ご覧ください。

トップに戻る