メインイメージ

キャットフードだけで大丈夫?

ネコが病気になったとします
もちろん、どうして病気になったのか考えますよね
大半は、食べ物です
家で飼われることが多くなって、食べ物の栄養が足りてないようで、そのうえ運動不足になることが原因です
キャットフードだけで、本当に大丈夫なんでしょうか? 高級なキャットフードを与えているだけで、大丈夫なんでしょうか? 店頭では、ナチュラルフードとかオーガニックフードのキャットフードがありますが、自然のものだけで作られているのではなく、防腐剤やその他の化学物質は、多少なりとも含まれています


人が食べる加工食品は、厳重な規格と正しい添加物の表示がなされていますが、ペット用の食材には、あいまいな表示しかされていないのが現実です


日本では、ペットフードの安全性の基準にあいまいなところがありますが、ペット産業大国アメリカでは、ペットフードの安全性の基準が連邦政府によって定められています
アメリカでは、人が食べるものの検査がおこなわれ、食品の安全性が、連邦政府法によって定められています
それと同じように、ペットフードもまた人が食べるものと同じように連邦政府法によって、フードの品質管理が定められています
だから、ペットフードを買うときは、ラベル表示に、AAFCOという表示があれば、アメリカ飼料検査官協会の試験に合格したペットフードで安心してペットに与えることができるフ-ドといえます
アメリカの調査によると3代続けて、同じメーカーのペットフードを使用するという調査結果がでました


日本のペットフードの基準は、家畜の飼料よりも低い基準値しか設けられていません
原材料の肉や魚もどのようなものが使われているのかさえもはっきりと表示されていないのが現実です
たとえば、ビーフ、チキン、魚など、○%以上使用と表示されている場合、○%以上だったら、どの部位の肉でも入ってさえいればいいということになります
それだけでもビーフ・チキンと表示することができ、国産○○缶として商品が販売されています
ホームセンターなどで、売られているキャットフードは、デザインやキャッチコピーが豊富で、消費者の販売意欲をそそります
でも、実際にはたくさんの添加物が入っているのに関わらず、「うまみたっぷりのキャットフード」「合成着色料・保存料は一切使用していません」と、安全性が強調され、よい宣伝文句が使われています


ネコに与えるキャットフードの量は、厳密には決まっていません
体重に対して、適量という言葉がありますが、実際、運動や飼いネコの年齢、ネコの種類によっても違ってきます
適量と表示されていたので、その量を上げると、ネコが下痢をしたということもあります
餌の分量は、無理して、適量だからといって与えないで、ネコ自身に任せましょう

こちらにはドッグフードの種類と含まれている栄養素についてや、愛犬に合わせたドッグフードの選び方などについて解説されているサイトhttp://xn--qckubrc3d4m.name/kind.htmlがあります。
こちらもとても参考になりますのでご覧ください。

トップに戻る