メインイメージ

ネコには馬肉が最適

今では、ネコを飼っている人が多いです

食事は、どんなものを与えているのでしょうか?

ホームセンターなどで売っているキャットフードでしょうか?
ほとんどの人がドライフードを与えていると思います

それとも手作りのものでしょうか? 肉や加工されたものなど、何のお肉が使われているのでしょうか? 

ネコは昔、山野にすんでいて、野ウサギとかねずみ・とりなどを取って食べていました

いわゆる肉食動物です
ネコは、獲物を犬のように追って捕らえようとはしません

獲物が近づいてくるのを待ち伏せて、鋭い目で見据えて、鋭いつめで捉えます

猫は自分よりも大きい獲物を捕らえることはありません

また、獲物を捕らえても、いきなり肉から食べるようなことはしません

お腹に食いついて、内臓を引きずりだし、腸や肝臓などの内臓から食べます

どうして肉から食べないのかというと、ネコたちは獲物の内蔵に獲物が食べたものの栄養がたくさん詰まっているということをわかっているからです

肉だけを食べても取ることができない栄養素、ビタミン・ミネラルを獲物の内臓からとっています


人は野菜や果物を食べて、ビタミンやミネラルをとりますが、
ネコは獲物の内臓を食べることによって、ビタミン・ミネラルを補給します

人は口から野菜を取るわけですが、肉食動物は、このように、獲物のお腹の中にある野菜を食べます

だからといって、飼いネコに小さい肉食動物を与えることはできません


昔、山野にすんでいたネコたちですが、しばらくして人が農業をするようになってから、収穫したものを貯蔵しておく倉庫が必要になりました

そして、取れたものを倉庫に貯蔵していたのですが、ねずみが食い荒らすようになって困っていたところ、
ネコを倉庫で飼うようになりました
これが、ネコをペットとして飼うようになったことの始まりだといわれています


家の中で飼われることが多く、人から食べ物を与えられるようになりましたが、ネコは本来、肉食性の高い動物で、キャットフードもいろんなものがありますが、馬の肉は、低カロリーの高たんぱくでキャットフードとして最適です
必須アミノ酸が豊富に含まれていて、牛や豚の肉に比べて脂肪分はずっと少ないです
ネコの健康に欠かせない、必須脂肪酸のリノール酸もたくさん含まれています
最近、家で飼われているネコたちに生活習慣病・ストレス・アレルギーなど、病気になるネコたちが増えています
キャットフードに含まれている添加物が原因のようです
研究によると、酸化防止剤が基準値以上含まれているものがあって、認可されていない発がん性物質が含まれているキャットフードもありました
高温処理されたものは、保存も利きますが、大事な栄養素や酵素など加熱によって失われてしまいます

トップに戻る