メインイメージ

ネコが、病気のときって

ネコが、具合が悪いときは、どのようにして見分ければいいのでしょうか? 言葉を発することができないネコを病気だと見る方法はあるのでしょうか? ネコは人間と違って我慢強い動物です
ネコが、いつもと様子が違うなと思ったならば、すぐに動物病院へ連れて行きましょう
人のように、もう少し様子を見てみようと、のんびり構えていると、かなり重症になって、治療すらできないような状態になります
人間もネコも同じで、早期発見・早期治療が大事です


ネコが、たまに食べたものを吐く場合があります
毛玉がのどにひっかかってカッカッと吐くようなことがありますが、この場合は、心配のない症状です
でも、このようなことが連続して起こり、食べ物を吐いたり、はいたものに血が混じっていたら注意しましょう
何かほかに重大な病気を抱えている可能性が考えられます
便に血が混じっている場合も要注意です
消化器の具合をチェックする必要があります


食事をしない場合も要注意です
何らかの病気にかかっている可能性があります
引越しをした場合、特に精神的なストレスがあります
いずれにしても、ネコが、食欲がないというのは、どこか具合が悪いということです
早めに動物病院へ連れて行きましょう


水を異常にたくさん飲む場合も注意が必要です
糖尿病、腎臓病を抱えている場合が考えられます
軽い日射病のときも水をたくさん飲むことがあります
下痢気味のとき水をたくさん飲みます
下痢が1・2回なら特に心配ないのですが、軽い消化不良かも知れません
下痢の場合、便で判断します
すい臓炎の場合、便が黄色っぽいか灰白色で、悪臭がします
たまに、異物を飲み込んで、下痢をすることがあります


ネコは、基本的に毎日便をしますが、2~3日なければ便秘気味ということになります
トイレに行くけど、尿がでなくてうずくまっている場合は、雄ネコに多い尿路結石の可能性があります


細菌感染やネコウィルスに感染していたりすると、口の中がただれることがあります
口の中がただれてくると食欲が落ちてくるし、病気にもなりやすくなります
涙目や目やになど目に異常があれば、目の病気が進行しないうちに、病院へ連れて行きます
鼻水がたれているのもウィルスに感染している可能性があります
頻繁に、耳をかく場合も要注意です
外耳炎や耳かいせん症などの病気がある可能性があります
外耳炎だと、頭を振ったり、かゆみのために足で耳をかいたりします
かきすぎて、耳の内側が赤くなり、ひどくなると膿が出ます
耳かいせん症は、耳介にダニが寄生して耳介の周りも炎症してくる皮膚炎です
常に耳の手入れをして清潔に保つようにしましょう


トップに戻る