メインイメージ

ネコのしつけ方

ネコは勝手気ままな動物で、一匹狼的な単独で生活してきたので、しつけるにはむずかしいところがあります
犬の社会には主従関係があって、飼い主に忠実で、しつけたことを良く覚えますが、ネコは、なかなか飼い主のいうとおりに行動してくれません
だからといって、いっしょに生活していくのですから、最低限のルールは教えたいです
猫の習性を上手く利用して、長い時間かかっても根気強く教え込めば、上手くいくことが多いです


たとえばトイレです
ネコは清潔好きな動物で、トイレを教えるのは簡単です
あまり人目につかない静かなところに設置しましょう
玄関・リビング・キッチンは不適切です
スペースがあれば、トイレや風呂場におくのもいいです
後々のメンテナンスを考えると楽です
トイレは子ネコのうちに覚えさせるのが一番です
市販のトイレもありますが、子ネコには大きすぎるので、浅い砂箱を囲むのがいいです
近頃では、猫用のトイレは、いろいろなものが出ています
排泄物の匂いを吸収するタイプのものや猫砂はもちろんのこと木屑タイプのものもあります
猫が快適にトイレをすることができて、私たち人間が見ても快適なシ-ツやパットタイプのものもあります
手作りのトイレをつくる場合、まず、ケースのそこに、広告や新聞紙を厚めにしきます
その上に、細かくちぎった新聞紙を敷きつめます


しつけるのに大切なことは、してはいけないことを覚えこませることです
しつけてもネコは勝手気ままなので、都合よく忘れ、マイペースな行動をします
時には一生教え込まないといけないこともあります
飼い主のほうも根気強くしつけていくという姿勢が大事です
何か都合の悪いことをネコがしたとします
しかるのに逃げる猫を追い掛け回すことだけはしない方がいいです
猫は精神的なストレスを抱え込んで、家出や脱走のきっかけになります
そして何よりも、絶対にしてはいけないことがあります
それは、体罰です
いうことを聞かなかったからといって、引っ張たたいたりすると、かえってひねくれ、攻撃的な性格になります
しつけどおりできればほめてあげることです


猫用のベッドは、どのようにすればいいのでしょうか? 飼い主が自分でつくるのもいいです
段ボール箱や脱衣かごに毛布などしいて作ります
飼い猫がリラックスして、ぐっすりと眠ることができる空間をつくってあげましょう
タオルを敷くのは止めておきましょう
なぜかというと、つめが引っかかりやすく動きにくいからです
小型のケージやサークルで仕切ってもいいです
爪とぎ器も用意しておきましょう
布でできたもの、段ボール製など、いろいろなものがあります

こちらのhttp://xn--qckubrc3d4m353s86xf.biz/16.htmlには、犬のしつけ方が載っています。
このしつけをするとき犬用のおやつをご褒美にあげて覚えさせる方法が一番効果あるようです。


トップに戻る