メインイメージ

お悩みからフードを選ぶ

キャットフードを良いものに切り替えるだけで、様々な症状が治まってしまう事は多々あります。
動物病院で満足のいく診察をしてもらえなかった…
そんな時はフードを良いものに切り替えてみましょう。

このページでは、悩みにあわせて最適なキャットフードを紹介します。
悩みに合わせてフードを選べば、より効率よく愛猫の体調を整えてあげることができるはず!
ぜひ参考にしてみてください。

肥満を改善したい

人間と同じく、猫でも肥満は万病のもと!
糖尿病のリスクが高まってしまうこともありますし、シニア期以降はケガの原因になってしまいます。

肥満は、普段の栄養の乱れ等の蓄積や運動不足からくるもの。
家猫の場合、運動不足の完全な解消は難しいですよね。
そこで、おすすめしたいのが、「太りにくいフード」です。

市販されているフードの多くは、穀類が原材料に使われています。
これはコストカット、いわゆる「かさ増し」の為に使われることが多いようです。
しかし、本来猫の身体に穀類は合いません。
猫はもともと肉食動物ですから、穀類を消化できる身体の仕組みになっていないのです。

その為、おすすめしたいのは、消化吸収に適した穀類不使用のキャットフードです。
穀類不使用のフードは「グレインフリー」と言われています。
グレインフリーの製品は市販されるキャットフードよりも多少高価ですが、愛猫の健康を守るためにはグレインフリーフードが適しています。
ダイエットや肥満予防に最適ですし、尿路結石やアレルギーの予防にも役立ちます。

おすすめフード

ダイエットにおすすめのフードとしては、カナガンが挙げられます。
グレインフリーのキャットフードで、炭水化物源としてはサツマイモを配合しています。
サツマイモは、低GI値で腹持ちが良く、食欲を抑える効果が期待されています。
しかし、キャットフードの原材料としては高価な為、一般的なフードには使用されません。
カナガンはそんなサツマイモを適切なバランスで配合しています。

※病院で療法食として出されることもある「R/○」などの療法食には、化学保存料や穀類が使用されているケースがあるので、おすすめはできません。

尿路結石を予防したい

尿路結石を予防したい場合でも、やはり穀類不使用のキャットフードを選ぶのがおすすめです。
消化器官に負担がかからないので、身体への負担も少なくなります。
おすすめしたいのは、やはり穀類不使用のカナガンです。

また、尿のph値を調整してくれるキナ酸という成分が含まれるシンプリーもおすすめです。
こちらは完全なグレインフリーではありませんが、猫に負担がかかりやすいと言われている小麦やトウモロコシなどは含まれません。

チェックポイント:市販品のph値調整について

スーパーやドラッグストア、ペットショップなどで販売されているキャットフードの中にも、「phコントロール」や「尿路結石予防」と記載された製品があると思います。
確かに、そういった製品も結石が出来にくいようにミネラルの配合量などが抑えられています。

しかし、トップページなどで記載している通り、合成添加物などが使われている可能性が非常に高く、原材料も信頼できません。
その為、宣伝文句に惑わされず、しっかりと調べて高品質な製品を選ぶことが大切なのです。

お腹の調子を整えたい

劣悪なフードを与えていると、腸内環境が悪化して、お腹を壊してしまうリスクもあります。
現在、市販されているキャットフードを与えていて、嘔吐・下痢や便秘に悩んでいるのであれば、すぐにでもホリスティックフードに切り替えてあげましょう。

ただし、下痢や便秘を改善したい場合は、切り替えてからすぐに効果が出る訳ではないので、その点をしっかりと覚えておきましょう。

腸内環境はすぐには改善されないものです。
最低でも3日~1週間程度の余裕を見て、効果を待ちましょう。

また、お腹は免疫力をつかさどる重要な場所です。
その為、質の良いフードに変えることでアレルギーが治ったというケースもたくさんあります。
アレルギーに悩んでいる場合、ぜひ、フードを見直してみてください。

おすすめフード

おすすめのフードとして挙げられるのが、シンプリーです。
腸内環境を改善するオーツ麦やオリゴ糖などが配合されています。
(オーツ麦は、猫にとっても消化しやすい植物ですから、ご安心を!)
もちろん合成添加物や肉副産物などは使用されていません。

トップに戻る