メインイメージ

ペット保険で万全に備えよう!PS保険を検証!

いくらキャットフードにこだわっていても、病気になってしまう可能性はゼロにはなりません。
また、猫は犬と比べると、ケガのリスクが高い傾向にあります。

動物病院の医療費は、健康保険がないので人に比べて高額です。
骨折でも10万円を超える医療費が発生してしまうことも!
そんな時「治したいけどお金がない!」と困らない為にも、ペット保険に加入しておくことを強くおすすめします。

実は、我が家のにゃん達もペット保険に加入しています。
そして、保険には何度となく救われています。

猫は犬と比べると保険料が安い傾向にありますから、実は手頃な値段で利用することができるんです。
活発に動き回る子猫のうちは特にケガのリスクが高くなりますから、加入を検討しておくと良いかも知れません。

保険料が心配

「保険に加入する」となると、やはり気掛かりなのが保険料ですよね。
費用対効果が悪いのではないか・・・
自分で貯蓄した方が良いのではないか・・・
と考える方も少なくないと思いますが、実は最近になってペット保険を取り巻く状況は大きく変化しました。

それが、格安ペット保険の登場です。

もちろん、保険料はリーズナブルでも、補償内容は手厚く万が一のときも安心な保険を選びましょう。
お金のことで悩むことなく動物病院を利用することができます。

ちなみに、我が家のにゃん達が加入しているのは、PS保険という保険サービスです。
この保険は保険料がかなりリーズナブル。
それでいて、補償内容も充実しているので、安心です。

また、多頭飼いの場合は割引が適用されるのでお得になります。
私も多頭飼いの割引が適用されているので、さらにリーズナブルな保険料で利用させてもらっています!

この保険の一ヶ月あたりの保険料は一匹あたり1390円~。
数あるペット保険の中でも手頃な価格と言えるのではないでしょうか。
それでいて、ケガや病気による通院・入院・手術時には最大で100万円まで補償されます。

PS保険はプランも選べる!

公式サイトへ

PS保険は、3種類のプランから自分にあったものを選ぶことができます。
具体的には、50%補償プラン・70%補償プラン・100%補償プランの3種類です。
考え方にあわせてプランを選びましょう!

念のために加入しておきたい・・・という場合は50%補償
バランスの良いプランが良い・・・という場合は70%補償
しっかり準備しておきたい・・・という場合は100%補償
がおすすめです。

ちなみに、公式サイトでは、簡単見積もりができます。
愛猫の年齢など簡単な情報を入力するだけで、月々の保険料を算出することができます。

割引制度も!

インターネットからの契約申し込みや多頭飼いでの申し込みの場合は、割引が適用されます。
詳細は、公式サイトに記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

また、資料請求は無料です。(24時間いつでも資料請求が可能)
プラン選びに悩んだときは資料を見ながら検討すると良いでしょう。

ガンも対象

保険料はリーズナブルですが、癌(がん)も保険の対象になります。
膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニアなどの治療費用も対象です。

支払限度日数・回数の考え方について

公式サイトでは、支払限度日数・回数の考え方についての詳細も確認できます。
通院限度日数・手術限度回数はそれぞれ異なるので、事前にチェックしておきましょう。
また、資料請求をすると、より詳細な情報を確認することができます。

トップに戻る