メインイメージ

「オリジンキャットフード」を分析

公式サイトへ

オリジンは、高品質なナチュラル系キャットフードの代表製品。
放し飼い鶏肉や七面鳥肉などをベースに、天然魚や良質な卵を配合しています。
本来の猫の食生活のバランスを意識して製造されているのが特徴です。

もちろん、ビタミン類などもバランス良く摂ることができます。
フルーツや野菜なども適切な量で配合されています。

ただし、カナガンなどと比べると、肉類の量が多めに設定されています。
カナガンは肉類と植物類の量が70%:30%というバランスですが、オリジンは80%:20%というバランスです。
いずれも高品質ですし、しっかりと研究されて結果の配合バランスですから、どちらが良いと断言することはできません。

両方とも与えてみて、食いつきが良い方、飽きずに続けてくれそうな方を選んであげると良いかも知れません!

ちなみに、我が家でもオリジンはアクセントとして購入していた時期がありました。
まとめ買いをすると結構大幅な割引価格で購入できるので、多頭飼いの方にはおすすめです。

原材料について

原材料の質は最高です。
メインの原材料は放し飼いのチキンですから、もしかしたら私が食べているチキンよりも良質かも笑

その他には、七面鳥がメイン材料として使用されています。
七面鳥に関しても、放し飼いの素材が使われています。

そこに、天然の魚が配合されているのもポイント。
養殖ではありません、天然です!

具体的には、カナダ産のノーザンオールドウェイという魚や太平洋サーモンなどが配合されています。

他には巣に産み落とされた卵などを配合。
卵の産地はアルバータ州のカムローズ産です。

どの原材料に関しても、新鮮なものが使われているというのがポイント。
もちろんすべてヒューマングレードの素材です。

地元で飼育・漁獲された新鮮な素材が自社キッチンに搬送されます。
徹底して地元カナダ産の食材を使っています。

炭水化物源に関しても、低GIの原材料構成です。
適切な体重管理・ダイエットなどに役立ちます。

味の仕上げはフリーズドライの肉とレバー。
それを一粒一粒に注入することで、猫にとって嬉しい風味を作り上げています。

合成香料や調味料は使われていません。
肉の副産物も使用されていないので安心です。

原材料はすべて公式サイトで確認することが可能。
その使用比率などもチェックできるので、ぜひ参考にしてみてください。

こんな目的に最適

  • 美しくふわふわの毛並みにしてあげたい
    (毛並みが油っぽくベタつくのを抑えます。)
  • ダイエットに取り組みたい
    (グレインフリーなのでダイエットに最適)
  • 慢性的な嘔吐や下痢を改善したい
  • アレルギー対策として与えたい

安全性について

穀類不使用のグレインフリーです。
合成添加物は使用されていません。
また、肉の副産物や人間が食べることのできない品質の素材は一切使われていません。

植物に関しても、野生の猫が自然環境の中で本能的に探し出して摂取する植物だけを使用しています。

一例として、チコリーやたんぽぽ、カモミールなどが挙げられます。

嗜好性について

オリジンはホールプレイ比率で新鮮鳥肉、肉、魚をたっぷり配合しているのが特徴。
天然のタウリンなどのアミノ酸を含んでいるので、非常に嗜好性が高いのです!

さらに、肉とレバー(自社フリーズドライキッチンで調理)を一粒一粒に注入しています。
もちろん合成添加物は使用していません。

我が家のにゃん達もオリジンが大好き。
ただ、コストパフォーマンスや配合バランスの好みから、私はカナガンをメインに据えています。

トップに戻る