メインイメージ

尿路結石対策!飲み水についてのコラム

『尿路結石』は、猫が罹りやすい病気のひとつです。
特に、男の子は女の子に比べて尿道が細いため罹りやすく、注意が必要です。(女の子でも罹ります。)

尿毒症を引き起こして死に至ることもあるので、注意しなければいけません。
また、猫は不調を隠す習性があるため、飼い主が異変に気付いた時には、急を要する事態になっているケースが多いのです。
嘔吐や食欲不振などの目に見える症状が出たらすぐに病院に連れて行かないと、命にかかわります。

尿路結石は、下部尿路疾患とも呼ばれています。
その原因は、基本的に2つあると言われています。
それが、「水を飲む量が少ない」ということと「劣悪なフード」によるもの。
この二点に関して、普段からしっかりと飼い主さんが管理してあげることが大切です。

なぜ猫は尿路結石になりやすいの?

猫はもともと砂漠地帯に住んでいた動物だと考えられています。
砂漠では水分は非常に貴重ですよね。
その為、猫は時間をかけて、少ない水分摂取量で生きていける身体の構造をとるように進化したのです。
砂漠で水分を無駄にしない様に、濃いおしっこに老廃物を凝縮して排出するようになりました。

しかし、現在ペットとして飼育されるようになって、それが逆にデメリットになってしまったとも考えられています。
濃い尿は、ミネラルが尿道で結石となってしまう可能性が高いからです。

フードをしっかり選ぶ

市販されているフードは、穀類がたっぷりと使用されているケースが殆ど。
しかし、穀類は猫の消化器官に大きな負担をかけてしまいます。
それが結果的に下部尿路疾患の誘因になることも!
穀類を使用していない「グレインフリー」のフードを与えてあげることが一つの予防策です。

また、尿のph値調整をしてくれる素材が配合されているフードを選ぶこともポイント。
例えばシンプリーでは、クランベリーに含まれるキナ酸がph値を調整してくれます。

沢山水を飲ませてあげよう!

私たち飼い主にできる対策としては、日ごろの水分摂取量を増やしてあげることが大切。
水分をしっかり摂ることができれば、おしっこが薄くなるからです。
おしっこが薄まれば、尿結石のリスクは軽減します。

水質にもこだわる

猫にとって理想的なのは適度な軟水だと考えられています。
また、水分摂取量を増やす為には、猫が喜ぶ「新鮮な水」を用意してあげることが大切。
常に新しい水を用意してあげましょう。
さらに、水飲み場は一か所ではなく、気が向いたときに飲めるように、複数箇所用意してあげるのがおすすめです。

ウォーターサーバーが便利

水質にこだわるのであれば、ウォーターサーバーを活用するのがおすすめです。
水道水も軟水ですから悪い選択ではありませんが、発がん性物質などが多少気になるところ。

市販のミネラルウォーターは、マグネシウムやカリウムなどのミネラル類が多すぎる場合があるので、避けた方が良いでしょう。

私のおすすめは、ウォーターサーバーのアクアクララです。
我が家でも猫の飲み水はすべてアクアクララにしています。

・新鮮な水を用意しやすいこと
・なぜか猫が積極的に飲んでくれる「ぬるま湯」を簡単につくれること

などがメリット。
また、水質に関しても文句なし!
口コミでも、アクアクララの水はペット用に最適と評判です。

実際、私も理想的な水質だと思います。
水質の詳細については公式サイトに記載されているのチェックしてみてください。

アクアクララならではのメリット

公式サイトへ

やはり、一番のメリットは水質です。
尿路結石の予防に適したミネラルバランスを実現しています。

料金システムがシンプルで分かりやすいのも私にとっては魅力的でした。
初回はキャンペーンで大幅な割引が適用されるのもポイント。

ウォーターサーバーのデザインがオシャレというのも良いんです!
複数のデザインから好きなものを選ぶことができます。

熱湯も冷水もすぐに用意できるので、猫はもちろん、人間にとっても便利。
私も飲み水に使っていますが、すごく美味しいです!
水道水のカルキ臭さがありません。
私でも感じ取れるくらいですから、「嗅覚の優れた猫にとっては、もっと美味しく感じるかも!」なんて想像しています笑

トップに戻る